2010年4月15日木曜日

2009年度設計演習B/C展示会










2009年度設計演習B/C履修者の有志が作品の展示を行います。
展示期間を2期に分け、後半では設計製図の展示も行います。
是非お立ち寄りください。

日程 演習展 04.14~04.16
製図展 04.19~04.21

場所 02cafe
住所 〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-4-18 
電話 03-6904-2902

アクセス 
東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩5分 
JR山手線 高田馬場駅から徒歩15分

開場時間 
平日 12:10-18:00(ラストオーダー17:30)
店舗の都合により急遽closedになる可能性があります。ご了承ください。

料金 
1ドリンク制(250円から) 

info
早大建築展2010




2010年3月11日木曜日

1X08A007 iida Takahiro A+++

video

あえて、150×150×150キューブにとらわれず、空間の中で自由に新たな別空間を、身振りによって切り取ろうとする作品。単純で飾りのないデザインで多様な舞踏をみせる作品。動きの緩急と時折みせる「間」がたいへん良い。(池村)

2010年3月10日水曜日

1X08A063 佐々木 崇 A++

video


板状の等間隔の細軸とその上部の両端を解放されたピアノ線。その重ねあわせのモアレ効果とピアノ線のかすかな振れが、繊細な効果を生んでいる。(池村)

1X08A071 清水 岳 A++







立体ドミノ倒し的造形が、ある瞬間を取り出した形で固定されている。つまり、今にも動き出しそうな力を内包したある時間の固定。その時間的緊張感がすなわちリズムなのであろうか?(池村)

1X08A060 Saitoh Yoko A++







綿棒を軸の重なりの方向と、綿部分の重なりの方向でずらすことを発見して組み立てた作品。前者は整合性として表現し、後者は軸方向に力が加わって歪曲した面を作り出している。白、黒の区分とともに、既成部材の属性を巧みに立体のリズムとして描き出している。(入江)

1X08A036 Ken Kazama A++






様々な素材をその素材ごとに複雑な形に組み合わせて積層してきている。それらの鏡面効果などによるいろいろな見え方が、リズムを呼ぶ。鏡面による透明感溢れる作品。(箕原)

1X08A018 Ryosuke Iwasawa  A++







幾重に積層していく風景映像、奥行きのあるパースペクティブな夜の風景は、コマ撮りになっており、少しずつ違う。それらの微かづつの「時間差」が映像感覚的でもある立体になっており面白い雰囲気を出している。(箕原)